リクルートエージェントの評判は電話がしつこい?利用者の口コミ比較

話題の業界大手リクルートグループの転職サービス、リクルートエージェントIT転職に強いと言われています。

大手が運営するだけあって、たくさんの口コミであふれていますが、なかには「電話がしつこい」など良くない評判も目に留まり、本当に自分に合うかどうか躊躇してしまいますよね。

なので、このページでは気になるリクルートエージェントについて、利用者の口コミ調査をもとに、以下の観点から詳しく解説していきます。

  1. 口コミでわかったリクルートエージェントの総評
  2. リクルートエージェントの特徴
  3. 口コミでわかったリクルートエージェントの3つのメリット
  4. リクルートエージェントの評判が悪いと思われた3つの注意点
  5. 口コミでわかったリクルートエージェントがおすすめな人
  6. リクルートエージェントで転職する際の3つのコツ
  7. リクルートエージェントで断られた際の対処法
  8. リクルートエージェントを利用した人の流れ
  9. リクルートエージェントで紹介できる求人業種
  10. よくある質問(Q&A)

このページを読めば、リクルートエージェントが本当に自分に合っているのかが分かりますよ。IT・Web系の転職にチャレンジしてみたい方は、ぜひお役立てくださいね。

\無料登録はこちら/
リクルートエージェントの公式ページ

目次

口コミでわかったリクルートエージェントの総評

運営会社 株式会社リクルートキャリア
所在地 東京本社
〒100-6640 東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー
TEL:0120-050-454
受付:10:00~18:00(土・日・祝日を除く)
サポート地域 北海道・東北・宮城・関東・東京・中部・東海・愛知・関西・大阪・中国・四国・広島・九州・沖縄・福岡・海外

リクルートエージェントは、その評判の良さから転職支援実績NO.1とされています。特に求人の多さ、一流のキャリアアドバイザーによる手厚いサポートが人気の理由です。

自分のスキルをキャリアアドバイザーと一緒に改めて見直すと、新たな一面を発見することもできます。キャリアアドバイザーとの面談の中で、自分でも思いつかなかった求人に応募することが出来たという口コミもありました。

リクルートエージェントと他社を徹底比較

リクルートエージェントの他にも人気の転職エージェントがたくさんありますが、一体リクルートエージェントと比べてどんな違いがあるのか気になりますよね。

以下の表は、他社との比較表になります。

エージェント 総評 求人力 提案力 特長
レバテックキャリア 最大年収200万円UP/業界認知度No.1
ワークポート 50万人の利用実績/創業17年
マイナビエージェント×IT 20代に強い/非公開求人数7,298件
TechClipsエージェント 全紹介求人が年収500万円以上
type転職エージェント 総合満足度2位/全体の80%が非公開求人
Geekly 平均年収75%UP/独占求人多数
リクルートエージェント IT・ものづくり・マネージャー職の専門分類

※上記データは2020年3月時点のものです。

上記の表でも、求人力と提案力が高いのがわかりますね。やはり、求人数の多さ・業界に精通したキャリアアドバイザーによるサポートが評価されています。

特に以下に当てはまる方には、リクルートエージェントへの登録をおすすめします。

  • たくさんの求人を比較してじっくり決めてみたい
  • 希望する業界への知識があまりないが、異業界へ転職したい
  • 面接までにたくさんのサポートを受けて確実に転職したい

少しでも当てはまる!と感じた方は、ぜひ以下のリクルートエージェントの特徴からじっくり読み進めてみてください。多くの口コミからさらに分析していきます。

リクルートエージェントの特徴

リクルートエージェントの特徴は、以下のような3点にまとめられます。

  • 求人サイトに掲載されていない非公開求人が20万件以上ある
  • それぞれの業界に詳しいキャリアアドバイザーが常駐している
  • 企業へ提出する応募書類の添削や面接対策へのアドバイスをしてくれる

それでは、それぞれ解説していきます。

求人サイトに掲載されていない非公開求人が20万件以上ある

リクルートエージェントには、一般の求人サイトには掲載していない非公開求人が20万件あるそうです。また量もさることながら、質もいいと言われています。

個人的な意見になってしまいますが、以前私自身もリクルートさんと付き合いがあり社内の雰囲気を感じたことがあります。とにかく、どの部署も営業さんの数が多くて、全国走り回っている様子でした。

営業グループ同士での競い合いも多く、より多くの顧客・求人を獲得されています。たくさんの営業さんが全国を回って獲得された求人が圧倒的な多さを実現しているんだと思います。

それぞれの業界に詳しいキャリアアドバイザーが常駐している

リクルートエージェントのキャリアアドバイザーは、各業界に精通しているキャリアアドバイザーが全国各支社に存在しています。リクルートグループという大手だけあって、企業との繋がりも深くより濃いパイプができているんですね。

自分の希望する業界への知識があまり無い未経験者にとっては、その業界に入る前にアドバイスしてもらえるので安心です。応募の仕方、採用後のイメージも自然と抱きやすくスムーズに転職活動ができます。

企業へ提出する応募書類の添削や面接対策へのアドバイスをしてくれる

リクルートエージェントのキャリアアドバイザーによる手厚いサポートで、応募に使う履歴書や職務経歴書の添削サービスを受けることができます。

なかなか自分の履歴書・職務経歴書を添削してもらえる機会もないので、ありがたいですよね。希望する企業への対策ですから、企業が目を留めてくれるような履歴書・職務経歴書が作成可能になります。また、面接ではどのように伝えればいいのかも丁寧にアドバイスをしてくれます。

緊張する面接も事前にアドバイスを受けることで落ち着いて挑むことができますよ。

リクルートエージェントの専門領域に特化した3つのサービス

リクルートエージェントでは、専門領域に特化した転職支援サービスが以下のように3つあります。

これらの求人はなかなか一般の転職サイトでは検索できないものなので、リクルートエージェントだからできる強みでもあります。

特化転職支援サービス おもな職種 転職実績例
ITエンジニア プログラマー/Webエンジニア/社内SE/製品開発・ASP/組込み・制御エンジニア/プリセールス・セールスエンジニア/テクニカルサポート/品質管理/テスト・QAエンジニア/情報システム・システム監査 大手SIデータサイエンティスト
大手SIer ERPコンサルタント
ITコンサルタント
社内SE
ものづくりエンジニア 電気エンジニア/機械エンジニア/食品エンジニア/化学エンジニア/その他研究職・技術職 大手電機メーカー車載システム開発
大手建機メーカー設計開発担当
総合化学メーカー研究開発
ハイクラスの転職・高年収領域 あらゆる業界・職種のエグゼクティブを含む「ハイクラス」「高年収」求人 自動車メーカー組込みソフトウェア(年収950万)
電気メーカーloT事業企画課長(年収1200万)
大手インターネットサービス統括マネージャー(年収1300万円)

ITエンジニアは、プログラマーやSEなどITに特化した転職支援を行っているサービスで、在籍するキャリアアドバイザーも何かしらIT系に携わったことのある経験者です。未経験者から、経験者までIT系を目指す人のための求人が多く揃っています。

ものづくりエンジニアは、電気・機械・食品などの専門分野の転職支援を行っているサービスです。当然、専門の技術やスキルがある方向けの求人になっています。前職と同じ専門分野内の転職で年収アップに成功した方もいらっしゃいます。

ハイクラスの転職・高年収領域エンジニアは、その名の通りハイクラス・高年収領域専門の転職支援サービスです。担当するキャリアアドバイザーも業界の知識が豊富で企業とのパイプが強いことが特徴です。ある程度キャリアを重ねた中高年層でさらに高年収を目指す方向けの求人となっています。

自分の希望職種が上記に当てはまるなら、ぜひこの専門特化の転職支援サービスを受けてみてくださいね。

口コミでわかったリクルートエージェントの3つのメリット

リクルートエージェントに関するたくさんの口コミの中から、ここが良かった!という意見に注目してみました。そして、以下のような3つのメリットが見えてきました。

  1. あらゆる業界を網羅した膨大な求人数が20万件ある
  2. 各業界に詳しいキャリアアドバイザーによる親切丁寧なサポートが受けられる
  3. 転職した結果、年収がアップに成功したり、新たな仕事に満足している方が多い

どれも魅力的なメリットがあがりました。それでは、3つのメリットを詳しく解説します。

①あらゆる業界を網羅した膨大な求人数が20万件ある

とにかくその圧倒的な求人の数で、理想の求人を紹介してもらえたという口コミが多数見つかりました。リクルートグループだからこそ出来る求人の数が、利用者の満足度を高めているようです。

1万件の求人の中よりも、20万件の求人の中から探すほうが、より自分の納得のいく求人が見つかりやすいですよね。

しかもキャリアアドバイザーが、おすすめの求人をピックアップしてくれるので、膨大な求人の中から自分で探す手間もかかりません。効率も良く・時間も節約できる、かなり嬉しいメリットであると言えますね。

Nさん
評価:★★★★★
昨日リクルートエージェントに行って来た!非公開求人の宝庫で、行ってほんとに良かった!自分の強みも分かったし、一番面倒な書類も完成しそう。転職活動本腰入れよう。出典:Twitter
Uさん
評価:★★★★☆
■リクルートエージェント 求人数が多い。親身に相談に乗ってくれる。担当が休みの日はアシスタントさんが対応してくれるので、土日祝でも相談できるのが良い。
■パーソルキャリア(doda) 求人数が多い。リクルートと求人被りが多いのでどちらかでOK。
出典:Twitter

②各業界に詳しいキャリアアドバイザーによる親切丁寧なサポートが受けられる

リクルートエージェントのキャリアアドバイザーは、あらゆる業界に精通した一流のコンサルタント集団です。

公式ホームページでも、この分野のコンサルタントはこんな人ですよという紹介ページがあるのですが、みなさんのキャリアがすごいです!自分たちの培ってきた経験がそのまま転職支援に活かされています。

口コミを調べても、担当の方が面談で詳しく自分のことをヒアリングしてくれた、感じが良かった、有意義な時間だった、と軒並み好評価でした。

Nさん
評価:★★★★☆
とりあえず職務履歴書を書き上げました。大学のゼミの教授(元新聞記者)、リクルートエージェント、DODAの担当者に添削とアドバイスをもらいつつ2週間かかったぜ。転職活動は書類が命なのでとりあえず納得のいく書類ができて良かった。
出典:Twitter
Tさん
評価:★★★★★
なかなか自分のスキルって客観的に見れないけど、エージェントさんとの面談の中で見つめ直すことができて良かった。登録したところはリクルートエージェントとJACです。担当者が当たりだった。
出典:Twitter

③転職した結果、年収アップに成功したり新たな仕事に満足している方が多い

転職しよう!とするきっかけは、何かしら今の現状に不満があったり、年収アップさせたいやりがいのある仕事に尽きたいという理由があるからではないでしょうか。

リクルートエージェントを利用して、転職を成功された方の多くの口コミが、年収アップを実現されたり、新たなやりがいを見つけられたというポジティブなものでした。転職した結果が満足のいくものになったら、登録する価値はありますよね!

Dさん
評価:★★★★★
あと転職してまだ1年しか経ってなかったのでフワフワしていたんだけど自分の年収がようやく把握できたのは地味に良かった。転職サイト、リクルートエージェント使って「ほんとにその額になるんかよ?」と半信半疑だったんだけど、ほぼ要求どおりの年収になったので「おおっ!まじか」って驚いてるw
出典:Twitter

リクルートエージェントの評判が悪いと思われた3つのデメリット

ここまで、リクルートエージェントの良い一面をたくさん紹介させていただきました。しかし、大手で知名度も高い分、悪い口コミが存在するのも確かです。どんな悪い評判があがっているのか、以下3つにまとめました。

  1. 電話やスカウトメールなど各種メールが多い
  2. キャリアアドバイザーによって対応にばらつきがある
  3. サポートする期間が3ヶ月と決まっている

それでは、このようなデメリットが上がってしまった理由を1つづつ詳しく確認していきます。

①電話やスカウトメールなど各種メールが多い

求人についての電話やたくさんのメールが送られてくるといった意見が多く見られました。

電話については、求人紹介などの連絡がマメにくるそうで、普段電話慣れしていない方にとっては頻度が多いなと感じてしまうようですね。

膨大な求人件数を扱っているリクルートだけあって、色んなメルマガが送られてくるようです。定期的にメールをチェックするのは、さほど負担にはなりませんが、毎日のように大量に送られてくるとなると・・大変ですよね。せっかくの良い情報も見逃してしまう恐れもあります。

Eさん
評価:★☆☆☆☆
リクルートエージェントのメールがいかついぐらい来るのでゴミ箱行きにした
出典:Twitter
Zさん
評価:★☆☆☆☆
リクルートエージェント電話かけてきすぎだろ
出典:Twitter

②キャリアアドバイザーによって対応にばらつきがある

リクルートエージェントに在籍しているキャリアアドバイザーは、各業界に精通するプロの集団です。

ですが、人と人。当然相性がありますよね。キャリアアドバイザーがどんなに優秀でも、対応がなんだか冷たく感じたり、自分の思うような行動をしてくれなかったり、ちょっとイメージと違ったという口コミが見られました。

どうしても、自分とは合わないと感じたら思い切って担当の変更をお願いしたらいいです。あなたにぴったり合ったキャリアアドバイザーが居るはずですよ。

Kさん
評価:★★☆☆☆
リクルートエージェント、前回使ってよかったから今回も使ってるけど、今回の担当の人は私を誤解しているようでWEBデザイナーやら3Dデザイナーやらグラフィックデザイナーやら雑多に送られてきて困っている。〇〇デザインは全部同じに括られているのか。。出典:Twitter
Mさん
評価:★☆☆☆☆
転職エージェント使っての転職面談を3社やって1番合わなかったのはリクルートエージェントでした。いきなり「この中からどれにします?3日以内に答え出して」と言われるような感じで、寄り添うと言う面で他社との差があったように感じました。
出典:Twitter

③サポートする期間が3ヶ月と決まっている

リクルートエージェントの転職支援サービスは、無料で行われています。そのため、多くの利用者の転職支援にかける時間がどうしても限られてしまいます。

一番初めの面接でもらう書面にも、サポート期間は、登録から3ヶ月と記載があります。この期間に転職先を決めてほしいため、どうしてもメールや対応が強引になりがちになるのかも知れませんね。自分のペースで転職活動を行いたい方にとってはきつく感じるでしょう。あらかじめ、3ヶ月で決める!という心準備が必要です。

Mさん
評価:★☆☆☆☆
リクルートエージェントはサポート期間を3ヶ月と銘打ってるらしい。その理由は3ヶ月で多くの応募者が転職していくとの事だが、そりゃ3ヶ月も一人のエージェントが付きっきりになって対応してられないわな。
出典:Twitter
Yさん
評価:★★☆☆☆
リクルートエージェント、サポート期間過ぎたら対応が適当になったなぁ。先週末に面接の案内がきたから希望日送ったんだけど、「確認しました」のメールすらこない。前は速攻で「確認しました!調整させていただきます!」って文面のメールが担当から来たのに。
出典:Twitter

口コミでわかったリクルートエージェントに向いている人

以上のようにリクルートエージェントにもメリット・デメリットがあることがわかりました。その上で、改めてリクルートエージェントに向いている人は以下に当てはまる方といえます。ご自分が当てはまるかじっくり確認してみてくださいね。

  1. 膨大で良質な求人から選びたい
  2. 手厚いサポートを受けながら、確実に転職をしたい
  3. 異業界・経験者から、年収アップを狙いたい

少しでも当てはまる・興味深いと感じたら、以下を読み進めてみてください!1つづつ、解説していきます。

①膨大で良質な求人から選びたい

少ない求人情報だと、選択肢もどうしても限られてしまいます。

私自身も昔、ハローワークで求人情報を提示してもらったことがあるのですが、私の条件では2,3件ぐらいしか紹介していただけませんでした。良いお仕事ではあるけど、やっぱり勤務時間だったり、場所だったり、どうしてもしっくりこない条件だったんですよね。なので、その時は提示された求人への応募は諦めました。

しかし、膨大な求人情報が揃っていて毎日更新されているのであれば、その分選択肢も広がります

しかも、リクルートエージェントには、非公開求人情報が多数あるのです。これはリクルートエージェントだけの独占求人情報なので、どこにも出回ることの無い求人情報と言うことになります。つまりは、新しい・見たことの無い求人に出会えるチャンスなのです。

Tさん
評価:★★★★☆
転職初心者はリクルートエージェントに登録することをお勧めします。エージェントの質はピンキリで良いエージェントが担当になるかは運次第なのですが、会員専用ページから大量の非公開求人をみることができるようになるのでそれだけでも価値があるからです。出典:Twitter
Tさん
評価:★★★★★
腰を据えて次を探すなら、「リクルートエージェント」などの非公開求人を試して下さい。そこで決めるかどうかは別として、かなり勉強になりますし棚ぼたもありえます♪
わたくしも、今の会社はリクルートエージェントで決めました!
出典:Twitter

②手厚いサポートを受けながら、確実に転職をしたい

現在お仕事をしている方や育児中の方が転職活動を行うのってとても大変です。求人情報の検索、企業への応募連絡、履歴書・職務経歴書などの応募書類の作成、面接、と全て合間の時間を削ってひとりで行わなければなりませんね。

リクルートエージェントを利用すれば、求人の紹介はもちろん、応募書類の添削・模擬面接の実施、面談調整や条件交渉の代行など、あなたに代わってキャリアアドバイザーが行ってくれます。期限付きではありますが、まさに至れり尽くせりのサービスを受けることが出来るのです。

また、最初の面談で自分自身が気付いていない価値を見つけ出してもらえる可能性があります。キャリアアドバイザーは、あなたのスキルや経験を客観的に分析して、現在の転職市場で活かせる強みを見出してくれますよ。

Kさん
評価:★★★★★
リクルートエージェント、サポート手厚かったので是非
出典:Twitter
Yさん
評価:★★★★★
転職したいけど、今の自分のスキルで転職できるのか不安で迷っている人は、「とりあえず転職エージェントに登録」してみるの、おすすめです。エージェントの方が自分の強みや活躍できる場所のアドバイスをくれて、心強いサポートをしてくれます。ちなみに、私はリクルートエージェントを使いました。
出典:Twitter

③異業界・経験者から、年収アップを狙いたい

転職を決意する理由は人それぞれですが、どうせ転職するなら、現職よりも良い所・やりがいがある所・年収が高い所を目指したいですよね。

まずは、転職したいと思ったきっかけを大事にして、それを目標にキャリアアドバイザーにヒアリングしてもらうことをおすすめします。リクルートエージェントで転職に成功した方は、まず目標を明らかにしてアドバイスをもらい行動しています

例え異業種や経験が浅くても、チャレンジしてみる価値は充分にあるはずです。自分のやりたかった仕事に就けた!年収がアップした!という利用者の体験談が公式HPに多数ありました。

リクルートエージェント以外も検討するべき?

メリット デメリット
・あらゆる業界を網羅した膨大な求人数が20万件ある
・各業界に詳しいキャリアアドバイザーによる親切丁寧なサポートが受けられる
・転職した結果、年収がアップに成功したり、新たな仕事に満足している方が多い
・電話やスカウトメールなど各種メールが多い
・キャリアアドバイザーによって対応にばらつきがある
・サポートする期間が3ヶ月と決まっている

リクルートエージェントのメリット、デメリットについて以上のようにまとめました。でも、他の転職サービスとの違いも気になりますよね。

そういった方は、リクルートエージェント以外の転職サービスも視野に入れてみるのも良いですよ。他社のサービスとリクルートエージェントを改めて比較しながら決めてはいかがでしょうか?

以下、比較表を参考にしながら、あなたに合いそうなサービスをじっくりご覧になってみてくださいね。

エージェント 総評 求人力 提案力 特長
レバテックキャリア 最大年収200万円UP/業界認知度No.1
ワークポート 50万人の利用実績/創業17年
マイナビエージェント×IT 20代に強い/非公開求人数7,298件
TechClipsエージェント 全紹介求人が年収500万円以上
type転職エージェント 総合満足度2位/全体の80%が非公開求人
Geekly 平均年収75%UP/独占求人多数
リクルートエージェント IT・ものづくり・マネージャー職の専門分類

※上記データは2020年3月時点のものです。

\無料登録はこちら/
リクルートエージェントの公式ページ

リクルートエージェントで転職する際のコツ

リクルートエージェントを最大限活用して、無事に転職を成功させるには一体どうしたらいいのでしょうか?

成功者の口コミを分析すると、以下のようなコツが共通していました。

あなたの人生に大きな影響を与えるであろう大事な転職活動、せっかくなら先人のコツを見習い成功へと繋げて下さいね!

  1. 転職の目的・目標を明確にすること
  2. 今までの自分をありのままにヒアリングしてもらうこと
  3. 面接に失敗してもそこから学ぶこと

それでは、ひとつづつ解説していきます。ぜひ参考に行動してみてください。

①転職の目的・目標を明確にすること

転職したいと思った小さなきっかけから、理由→目的・目標に変えていきましょう

「今の仕事を辞めたい」というネガティブな気持ちから、「スキルアップする」「年収をアップさせる」などポジティブな気持ちになることが出来ます。

目標ができれば、あとはどのようにして行動すべきか前向きに考えることが出来ますよ。そして、最終的に目標を達成できる転職先企業がどこなのかも明確になってきます。目標が明確であればあるほど、応募書類も作成しやすいです。

転職したらどうなりたいか、どんな自分になりたいか、ワクワクしながら目標を立てるとやる気がでてきますね!

②今までの自分をありのままにヒアリングしてもらうこと

リクルートエージェントの最大の強みでもでもある優秀なキャリアアドバイザーにしっかりお世話になりましょう!

期間は3ヶ月と時間も限られているので、最大限にサポートを受けないともったいないです。確かに電話やメールが疎ましく感じるかもしれませんが、これも限られた時間を有効に活かすためのことです。

キャリアアドバイザーは転職支援のプロ。これまで、何人もの利用者の隠れたスキルや価値を見出してきた方たちです。

せっかくですから、自分のありのままをお話し、目標やキャリアプランをしっかり立てていきましょう。ここで恥ずかしがらずにさらけ出す覚悟で挑めば、必ず良い結果に結びつくはずです。

③面接に失敗してもそこから学ぶこと

希望する求人、提案してもらった求人に面接してもすんなり内定がいただけるのは、実は稀です。

いい応募書類が作成できて、書類選考が通過しても、面接で上手く思いを伝えられなかったというのは普通のことだからです。そして、そこから学ぶことはたくさんあります。例え、不合格が続いても最初の目標からぶれずに、諦めないことが大切です。自分のアピールできる強みを再度洗い出したら、次の面接はもっと落ち着いて挑めるはずです。

\無料登録はこちら/
リクルートエージェントの公式ページ

リクルートエージェントで断られた際の対処法

残念ながら、リクルートエージェントで「断られてしまった」という口コミもあります。

Yさん
えっ リクルートエージェントに申し込んだら断られた
出典:Twitter

例えば、あなたの希望条件に合致する求人がなかったり、転職回数が多かったり、自分の年齢に対しての経験値やスキル不足で、紹介できる求人がないとキャリアアドバイザーから断りの連絡が入ることもあるのです。

最初は、なぜ?と戸惑うかもしれません。でも、しっかり自分で現実を受け入れましょう。そして、次にどんな行動をとるか考えて行きます。

まずは、リクルートエージェント以外の転職エージェントを利用・検討してみましょう!相談時にリクルートエージェントで断られた旨も伝えるとスムーズに進めますよ。

  • レバテックキャリア
  • ワークポート
  • マイナビエージェント×IT
  • TechClipsエージェント
  • type転職エージェント
  • Geekly

あなたがもし、未経験やフリーターで正社員を目指すのなら、同じリクルートグループの就職ショップもおすすめです。

リクルートエージェントと比較すると、第二新卒やフリーター・未経験者向けの正社員求人が多く、専門のコーディネーターも在籍しています。まずは、相談してみてくださいね。

リクルートエージェントを利用した人の流れ

リクルートエージェントを利用をした場合、登録から転職までは以下のような流れになっています。

<ここに当方側で画像挿入します。※今回はスルーしてください>

  1. ホームページからサービスへの申し込み
  2. サービス利用開始の連絡がくる
  3. キャリアアドバイザーと面談
  4. 求人紹介・書類添削
  5. 応募・書類選考・面接対策
  6. 内定・退職交渉・入社

まずは、ホームページ上のエントリーシートに必要事項を記入し送信します。その後、7日以内に電話かメールにて連絡がきます。問題なければ、面談に進みますが遠方の方には電話面談も対応してくれるそうです。

応募先が決まれば、キャリアアドバイザーが希望の企業に推薦してくれます。この間に合格に向けた面接対策に模擬面接などを受けられます。

無事に内定をもらえた後も、年収交渉や入社日の調整を行ってくれます。またお仕事中の方は、現職の退社に関する手続きなどもサポートしてくれるそうです。

以上が一連の流れになります。ぜひ無料登録を検討してみてくださいね!

\無料登録はこちら/
リクルートエージェントの公式ページ

リクルートエージェントで紹介できる求人業種

では、実際にリクルートエージェントで扱っている求人情報にはどのような企業の求人があるのでしょうか。気になる求人情報の中から、IT系大手三社をピックアップしてみました。あくまでも一部となりますが、参考にしてみてくださいね。

※こちらの情報は2020年3月時点で、求人情報は日々更新されているため案件有無の詳細は都度ご確認ください。

企業名(例) 年収目安 職種
楽天株式会社 過去5年間の平均年収は702万円 プロダクトマネージャー・アカウントプランナー・IT監査・営業など
PayPay株式会社 300万円~500万円 カスタマーサポート・営業など
株式会社ココナラ 700万~1000万 WEBプロデューサー・WEBディレクターなど

最近話題の企業から、誰もが知る大手企業までなかなかお目にかかれない求人情報ですね。

このような求人案件の他にも、リクルートエージェントには非公開求人が90%もあります。あなたが求める条件に合った企業をキャリアアドバイザーを通して紹介してもらえますよ。

よくある質問(Q&A)

それではリクルートエージェントの口コミを参考に、よくある質問をまとめてみましたので紹介します。

  • 無料でサポートしてもらえるんですか?
  • 今、転職は考えていないけど相談だけでものってもらえますか?
  • 非公開求人って何ですか?
  • 自分のスキルに自信がありません。それでも申し込み出来ますか?
  • 現在仕事中で、平日は面談の時間がとれません。

無料でサポートしてもらえるんですか?

リクルートエージェントでは、利用者は完全無料でサポートが受けられます。これは、求人を出す企業が紹介料をリクルートエージェントに支払っているためです。

今、転職は考えていないけど相談だけでものってもらえますか?

相談だけでも可能です。今は具体的に転職しようと考えていなくても、キャリアプランをキャリアアドバイザーに相談することで新たな道を見つける方もいます。

非公開求人って何ですか?

企業側の都合により、一般のサイトでは公開できない求人のことです。リクルートエージェントの転職支援サービスを利用している方のみにしか紹介できない求人情報になります。

自分のスキルに自信がありません。それでも申し込み出来ますか?

実は、自分では思っても見なかった経験・スキルが企業にとっては価値のあるものだったりします。キャリアアドバイザーに相談することで、自分の価値を見出せる可能性があるのです。

自分なんてとあきらめずに申し込み・相談をしてみてください。

現在仕事中で、平日は面談の時間がとれません。

リクルートエージェントでは、土日の面談も調節が可能だそうです。空いている時間帯を見逃さず、キャリアアドバイザーに相談してみましょう。

まとめ

以上、「リクルートエージェントの評判は電話がしつこい?利用者の口コミ比較」をご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

人によっては、合う・合わないがあるかもしれませんが、リクルートエージェントを上手く活用できれば、理想の転職が叶うチャンスがあることがわかっていただけたかと思います。

もし、以下のことにピンときた方は、リクルートエージェントをおすすめできます!まずは一歩踏み出して、無料登録をしてみてくださいね。

  • とにかくたくさんの求人から自分にぴったり合う企業を探したい
  • 手厚いサポートを受けながら、転職活動したい
  • スキルアップ・年収アップを叶える転職をしたい

\無料登録はこちら/
リクルートエージェントの公式ページ

もし、他の転職エージェントも検討したい場合は、ここから一覧表に戻れますので、もう一度じっくり選んでみてください。

プログラミングぶなら、
オンラインスクールがおすすめ

圧倒的な社会的需要で高い年収での求人が多いプログラミング業界。これからプログラミングを学ぶのであれば、時間や場所にとらわれずに学べるオンラインスクールがおすすめです。スクールの特徴を比べ、あなたにあったスクールを見つけてください。

オンラインスクールのおすすめ一覧へ