Scalaでできること!ScalaはJavaと互換性の高いプログラミング言語

「Scalaって聞いたことあるけどなにができるの?」と疑問を持つ人も多いのではないでしょうか。

ScalaはWebアプリやスマホアプリを開発することができるプログラミング言語で、Javaの後継言語と言われています。

大手企業でも利用されるほど信頼性は高いですが、歴史は浅く、扱える人も少ないです。いまScalaを学習することで、さまざまな企業で活躍する貴重な人材になることができます。

この記事ではScalaでなにができるのか、Scalaを学ぶメリットや学習方法と併せて紹介します。
<div class=”reviewBox”>
<div class=”reviewBox__title” style=”text-align: center;”><span style=”font-size: 12pt;”> Scalaでできることまとめ</span></div>
<div><strong>✓Webサービス開発
✓Webアプリケーション開発
✓スマホアプリ開発</strong></div>
</div>
<h2>Scalaできることの例</h2>
Scalaでできることは大きつ3つあります。
<ul>
<li>Webサービス開発</li>
<li>スマホアプリ開発</li>
<li>業務システム開発</li>
</ul>
ScalaはJavaの上位互換と言われており、さまざまな開発をすることが可能です。
<h3>広告業界向けバッチ開発</h3>
一つめは、バッチ開発です。

バッチとは複数の処理をまとめて一括で行う処理のことで、Scalaを使うことでバッチを開発することができます。

例えば、広告業界で集めたデータのを集計する処理、集計したデータを計算して平均値を出す処理を一つにまとめることで、大量のデータを一括で処理することが可能です。業務効率化に繋がります。
<div class=”ep-box es-Bicon icon-tag bgc-VPorange”>

<span style=”font-size: 14pt;”><strong>案件例1. 広告業界向けバッチ開発</strong></span>

<hr class=”hr-solid” />

<strong>業務内容
</strong>広告業界の独自システムに向けに、バッチ開発やデータ移行開発の設計から実装
<strong>
応募に必要なスキル
</strong>

・Gitを用いたチームでの開発経験
・PostgreSQLを用いた実務経験
・PL/pgSQLを用いた実務経験
・バッチ処理の経験
・いずれかのプログラミング言語を用いた開発経験
【歓迎スキル】

・SQLServerの基本的な知見
・データ移行計画や設計から実行までの実務経験
・AWS環境での開発経験

<strong></strong><strong>報酬(月額)
</strong>~750,000円

※開発案件例は架空のものです。

</div>
<h3>人工知能型教材システム開発</h3>
二つめは、システム開発です。

Scalaは前途でも説明した業務効率化や銀行の金銭管理システムなどを開発することができます。

生徒一人一人に最適化された学習方法をおすすめしてくれる人工知能型教材システムもScalaで開発されており、サーバーエージェントなどの大企業もScalaを採用しています。
<div class=”ep-box es-Bicon icon-tag bgc-VPorange”>

<span style=”font-size: 14pt;”><strong>案件例2. 人工知能型教材システム開発</strong></span>

<hr class=”hr-solid” />

<strong>業務内容
</strong>人工知能型教材システムの開発
<strong>
応募に必要なスキル
</strong>

・関数型言語を用いたサーバーサイド開発経験
・JVM上で動作するシステムの開発経験
【歓迎スキル】

・akkaの利用経験
・PlayFrameworkの利用経験
・DSL設計開発経験
・フレームワークの開発経験
・確率、統計の知識

<strong></strong><strong>報酬(月額)
</strong>~1,150,000円

※開発案件例は架空のものです。

</div>
<h3>翻訳Webサービス開発</h3>
三つめは、Webサービスです。

WebサービスというとJavaやPHPのイメージが強いですが、最近ではScalaで作られたWebサービスが増えてきています。

他国語で書かれた原稿を翻訳してくれるWebサービスもScalaで開発することが可能です。日本人に人気のSNSサービスのTwitterもSlcalaで開発されています。
<div class=”ep-box es-Bicon icon-tag bgc-VPorange”>

<span style=”font-size: 14pt;”><strong>案件例3. 翻訳サービス開発</strong></span>

<hr class=”hr-solid” />

<strong>業務内容
</strong>翻訳サービスの開発プロジェクトの開発
スキル又はご経験に応じてリーダー業務もご対応いただく場合も
<strong>
応募に必要なスキル
</strong>

・Java又はScalaを用いた開発経験3年以上
・BtoB向けWebサービスの開発経験
・エンジニアとしての開発経験5年以上
・チームリーダーの経験
・AWSのクラウドネイティブな設計・開発の経験又は、
マイクロサービスアーキテクチャの設計・開発の経験
【歓迎スキル】

・フロントエンドの開発経験
・下記の使用経験
-AWS Lambda
-DynamoDB
-Cognito
・CI及びCDの知見
・アジャイルでの開発経験
・スクラムマスターの経験
・(Biz)DevOps及びSREの知見
・SaaSサービスの開発経験

<strong></strong><strong>報酬(月額)
</strong>~1,150,000円

※開発案件例は架空のものです。

</div>
<h3>学生向け家庭学習アプリ開発</h3>
四つめは、スマホアプリです。

学生が自宅で動画を見ながら勉強する家庭学習アプリも作ることができます。Androidアプリ開発はJavaが多く採用されていますが、Javaの上位互換であるScalaでも開発することが可能です。

最近だと、Lineなどの有名なアプリもScalaで開発されました。
<div class=”ep-box es-Bicon icon-tag bgc-VPorange”>

<span style=”font-size: 14pt;”><strong>案件例1. 学生向け家庭学習アプリ開発</strong></span>

<hr class=”hr-solid” />

<strong>業務内容
</strong>学生向け学習アプリ関連のバックエンド開発
<strong>
応募に必要なスキル</strong>

・Javaを用いた開発経験1年以上
・Scalaへの興味関心
【歓迎スキル】

・AWS環境での開発経験
・Scalaを用いた開発経験

<strong></strong><strong style=”font-family: Lato, 游ゴシック体, ‘Yu Gothic’, YuGothic, ‘ヒラギノ角ゴシック Pro’, ‘Hiragino Kaku Gothic Pro’, メイリオ, Meiryo, ‘MS Pゴシック’, ‘MS PGothic’, sans-serif; font-size: 1.4rem;”>報酬(月額)</strong><strong>
</strong>

~850,000円

※開発案件例は架空のものです。

</div>
<h2>Scalaとは</h2>
そもそもScalaとは、どのような言語なのか気になる人も多いのではないでしょうか。

Scalaは2001年にマーティン・オータスキー教授によって開発されたプログラミング言語です。

比較的に新しいプログラミング言語で開発者がJavaの開発にも関わっていたこともあり、Javaとは深い繋がりがあります。ScalaはJavaの後継者と呼ばれることも。
<h3>ScalaとJavaの違いは?</h3>
ScalaとJavaの違いはいくつかありますが、代表的なものでいうと「型の宣言」です。

Javaは型を宣言するときにすべて小文字で宣言しますが、Scalaでは最初一文字目を大文字で宣言します。Javaで数字の型を宣言するときは「int」で、Scalaの場合は「Int」といったようにです。

また、ScalaはJavaを改良させた言語のため、Javaよりシンプルで書きやすく安全性も高くなっています。
<h3>ScalaはJavaと互換性が高い</h3>
ScalaはJavaとの互換性が非常に高くなっています。なぜなら、ScalaはJava仮想マシンのJVMで動作するからです。

JVMを使用するとWindowsやMacなどOSを選ばずにプログラムを実行することができるようになります。また、Javaの膨大なライブラリをScalaは使うこともできるため互換性は高いと言えるでしょう。

Javaについては別の記事で解説しているので、興味がある人はぜひ見てください。
<h2>Scalaの特徴2つ</h2>
Scalaには大きな特徴が以下の2つです。
<ul>
<li>コード量が少ない</li>
<li>二つの性質を持つ</li>
</ul>
それぞれの特徴について深堀していきます
<h3>コード量が少なくシンプル</h3>
Scalaはコード量が少なく非常にシンプルです。

Javaと比較すると半分ほどのコード量で書くことができます。コード量が減るとバグが発生したとき、どこでバグが生まれたかなど管理がしやすいです。
<h3>2つの性質を合わせ持つ</h3>
Scalaの最大の特徴ともいえるのが、オブジェクト指向言語と関数型言語の2つの性質を合わせ持つことです。
<ul>
<li>オブジェクト指向:扱う対象のデータと操作手続きをひとまとまり(モノ)として考える</li>
<li>関数型言語:関数の合成と適用からプログラムを組み立てる</li>
</ul>
Scalaはオブジェクト指向と関数型言語の優れている機能を両方使うことができます。
<h2>初心者がScalaを学習する方法2つ</h2>
初心者がScalaを学習する方法は2つです。
<ul>
<li>独学</li>
<li>プログラミングスクール</li>
</ul>
2つの学習方法のメリットデメリットについて解説するので参考にしてください。
<h3>独学で学ぶ</h3>
一つめは、参考書などを買って独学でScalaを学習する方法です。

独学は費用などが安く、参考書代だけで勉強を始めることができます。Scalaは比較的に新しい言語ですが、人気の高いプログラミング言語のためインンターネット上にもさまざまな情報があるでしょう。

一方で独学は挫折する人が多いです。独学は分からないことがあっても自分で答えを見つけなくてはいけません。

答えが見つかれば経験値として積み上げることができますが、見つからない場合はそこで学習をやめてしまうため挫折しやすいです。
<h2>プログラミングスクールに通う</h2>
二つめが、プログラミングスクールでScalaを学習する方法です。

プログラミングスクールは生徒一人一人にメンターがつくため、どうしても分からないことがあればすぐ聞くことができるので挫折しにくいです。

しかし、プログラミングスクールは比較的に高い金額が設定されているため、金銭的に余裕がある人でなければ難しいでしょう。
<h2>初心者がScalaを学ぶならプログラミングスクールに通うべき</h2>
ここでは、Scalaを学びたい初心者がプログラミングスクールに通うべき理由を解説します。
<h3>学習方法が明確で挫折しにくい</h3>
プログラミングスクールは学習方法が明確で挫折しにくいです。実際の現場で各プログラミング言語がどのように使われてきたのかを教材にしているため、何を優先的に学ぶべきか明確になっています。

独学だと何から始めればいいか分からなくてなかなか勉強できない人も、プログラミングスクールならつまずくことなくスムーズに学習することが可能です。
<h3>モチベーションが続きやすい</h3>
プログラミングスクールは同時期に入会した人と連携することで、モチベーションが続きやすくなっています。

誰がどのくらい進んだかなど、競争意識を持たせることでモチベーションを上げたり、グループを作り協力してシステムを作り上げたりすることで協調性を持たせモチベーションを管理しています。
<h3>1人1人にメンターがつく</h3>
初心者がプログラミングスクールに通うべき一番の理由はメンターがつくことです。

独学の場合は分からないことがあり、自分で調べても解決できないとどうすることもできません。分からないままになってしまい学習をやめてしまうことも。

プログラミングスクールなら一人一人にメンターがつくため、分からないこともすぐ聞けるため挫折しにくいです。

プログラミングスクールについては、別の記事で紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。
<h2>Scalaでできることまとめ</h2>
Scalaでできることは以下になります。
<ul>
<li>Webアプリケーション開発</li>
<li>スマホアプリ開発</li>
<li>業務システム開発</li>
</ul>
ScalaはWebアプリケーションを開発するのに活躍する言語です。Javaでできることはほぼ実現できるため、JavaからScalaへと移行していく日はそう遠くないでしょう。

ぜひScalaを学んで自分の市場価値を上げてみてはいかがでしょうか?

プログラミングぶなら、
オンラインプログラミングスクールがおすすめ

圧倒的な社会的需要で高い年収での求人が多いプログラミング業界。これからプログラミングを学ぶのであれば、時間や場所にとらわれずに学べるオンラインスクールがおすすめです。スクールの特徴を比べ、あなたにあったスクールを見つけてください。

プログラミングスクールのおすすめはこちら!